スピルリナの成分、効果、効用

ここでは、スピルリナの成分、効果、効用や、スピルリナの詳細な説明をしています。

スピルリナの成分

βーカロテン、ビタミンB群、マグネスム、亜鉛、カルシウム、鉄、クロロフィル、フィコシアニン

スピルリナの効用・効果

がん予防、消化器疾患改善、肝臓病改善、糖尿病改善、貧血改善、肥満解消

スピルリナの詳細な説明

塩分の高い湖に生息する藻類で、淡水緑藻クロレラとともに、総合栄養補助食品として注目を集めています。スピルリナの一番の特徴は、消化を妨げる細胞壁がないので、一般の食品に比べ消化・吸収がよく低カロリーである、ということです。スピルリナの成分は、半分以上が良質なたんぱく質です。粉末100g中のたんぱく質は大豆の10倍、βーカロチンはほうれん草の50倍以上、ビタミンB12もレバーを上回る含有率です。クロロフィルの働きにより、コレステロール低下や抗がん作用も認められています。こうした有効成分の働きにより、ガン、消化器疾患、肝臓病、腎臓病、糖尿病、貧血、眼精疲労、白内障、視力低下などに有効とされています。

■お役立ち情報
ローカロ生活の通信販売!
「食べながら」痩せれるダイエットです。イチオシです。ローカロ生活の商品に興味をもてば上記から。購入もできます。

コスメ・ワールド(化粧品)
ブランド化粧品の激安。ネットで買うと安いです。

身近な食品の効能(トップページ)