三七人参の成分、効果、効用

ここでは、三七人参の成分、効果、効用や、三七人参の詳細な説明をしています。

三七人参の成分

ジンセノシド、パナキシール、βーシトステロール

三七人参の効用・効果

胃・十二指腸潰瘍の改善、心臓病の予防・改善、がんの予防・改善

三七人参の詳細な説明

高麗人参と同じウコギの仲間です。種を蒔いてから、3〜7年経たないと収穫できないことから、この名がつけられています。昔から外傷の止血、鎮痛に用いられていました。数種のジンセノシド、パナキシール、βーシトステロールなどの成分に血管を縮小し、出血を早く止める作用があることが認められています。また、中国の独自の研究で、三七ケトンという特殊成分も発見されており、これには、心臓病に薬効があることが分かりました。狭心症、心筋梗塞、動脈疾患に効果があります。また、最近では、皮膚がん、肺がん、肝臓がんなどにも効果があるという研究発表もなされています。

■お役立ち情報
ローカロ生活の通信販売!
「食べながら」痩せれるダイエットです。イチオシです。ローカロ生活の商品に興味をもてば上記から。購入もできます。

コスメ・ワールド(化粧品)
ブランド化粧品の激安。ネットで買うと安いです。

身近な食品の効能(トップページ)